2018年8月頃に学生団体の上部団体によって、自主的に行われた学生アンケート調査。

  • Google フォームを使用
  • 回答対象は、上部団体に属する下部団体の学生が中心
  • 大学側の要請ではなかったことに留意

ただし、以下の問題点も指摘されている

  1. 団体に所属しない学生には知らされていない
  2. 学習番号などの記入欄はなく、一人で複数回の回答も可能(複数団体に所属している場合など)
  3. 回答数や結果が公開されなかった(大学側より、2,345名回答、65%東京都立大学への改名賛成との説明あり)

このアンケートが学生への意見聴取とみなしうるかどうか、第一回説明会@南大沢で議論があった

  • 学生全体で協議するために学生大会を開催するべき
  • kibaco(現在のeラーニングシステム、昔のBlackboardに相当)などの学内システムを利用し、全学生に意見聴取をするべき

との批判に対し、上野学長は

  • アンケートを取りまとめた学生の人柄が信頼でき、アンケート自体も信頼できる
  • 速度を重視した中で、大学としては最善を尽くした
  • 全学生に意見聴取をするものではない

などと発言

なお、名称変更決定前に大学側が学生へ意見聴取をした形跡はない
 ⇒ 学長は構成員の意見を聞くことに「最善を尽くした」と述べたが、「最善」ではなく、「尽くした」側でもない

スポンサーリンク