社会人になったらまずどういうアイテムが必要になってくるの?

その時々に買えば良いかもしれないけれど、予算もあるし事前に知っておきたい!

入社する前にこれだけは用意おきなよ!ってアイテムがあれば聞いておきたい!

そんなお悩みをお抱えの大学生必見です。
実際に某大手企業に勤める都立大OBが実際に使っているというアイテムをまとめてみました。

靴偏

スーツ同様、靴についても触れておきたいと思います。
靴は入社前に創造していた以上に傷む印象がある、というのがOBの本音です。
3万円程度する革靴を用意したのはいいが、結構早くに履き潰してしまうといった経験のある社会人も少なくありません。
靴については、そんな失敗談を持つOBに話を聞いてみました。
靴は以下の3点を抑えておきたいです。

 

  • 安くて良いレギュラーを2足用意すること
  • 2足は黒と茶色の2色を使い分けること
  • 高級な靴を一足用意すること

 

まず安くて良いという点ですが、靴の値段はピンキリです。5,000円で購入できるものもあれば、30,000円するモノもあります。
普段の活動で私用する靴は、履きつぶしてまた買い直してを繰り返すくらいのものだと思って、安いものを選択すると、新社会人の懐事情には効果的だと思います。

また、その2足はスーツに合っている色を選択すべきですが、主にブラックとブラウンの2色を用意できていれば、スーツやパンツに合わせやすいと考えます。

最後に高級な靴を用意することについてですが、これは確実に用意したいところです。

社会人になると、仕事で靴を履くだけでなく、友人や同僚の結婚式等の式典で正装する機会がいっそう多くなります。
そのようなときに、普段履いている靴を使うよりも、新品さながらの美しさを備えた高級な靴を使うことができれば、社会人としての格がまたひとつ上がるのではないでしょうか。

以上、靴についてでした。

スポンサーリンク