「ベンチャー企業への出資新たに19法人認可​へ」(平成30年11月16日産経新聞)

・現在日本の論文引用数(論文が参考文献として使われた数、研究者のステータスとして考えられている)は欧米各国を下回る等イノベーション力の低下が危ぶまれている。
・そこで、研究開発強化法の改正が検討されている。
・19の研究開発法人にベンチャー企業への出資を認める(以前までは3社のみだった)。
・その他若手研究者が安定して研究できる環境整備等も進める。

ベンチャー企業に投資できることによってどんなメリットがあるにゃん?

研究開発法人側は手がけている様々な研究成果を企業と連携することによって事業化(社会への普及、実用化)につなげやすくなるんだな。

ベンチャー企業側は出資を受けるので資金が調達できるし、眠っている研究成果を利用して新しい開発ができるんだな。

出資を受けるベンチャー企業は将来に期待が持てそうだから将来就活する上でチェックすべきかもしれないんだな。

スポンサーリンク