日時:10月31日,11月1日(30日前泊)
メンバー:宇田、初田、吉田、森あまみ、田中(記)
10月30日: 18:30 部室発 23:00国民宿舎到着 
10月31日: 6:00起床 7:00出発 9:00~10:30丁須の頭  12:30三方境 14:00国民宿舎
11月1日: 4:00起床 6:00金鶏橋車移動6:30東屋 7:30道通行止めのため妙義神社へ戻る 8:30大の字 9:20見晴らし 10:30天狗岩 11:30相馬岳 13:00妙義神社
お久しぶりです、そしてほぼ初めましての3年田中です。今まではほとんどクライミングしかしていなかったのですが、3年目にしてようやく山に行き始めました。今回は妙義大好き宇田くんの計画のもと、にぎやかな3年生メンバーで妙義山へ行ってきました。
(10月30日)
夕食に立ち寄った台湾料理屋で森と田中は大盛り料理に苦戦。1時間ほどかけながらようやく完食し、国民宿舎へ向かう。鹿の群れに迎えられながら国民宿舎へ到着しすぐその日は就寝する。
(10月31日)
朝焼けに輝く妙義山にうっとりしながら山岳部といえばこれらしい棒ラーメンを食べ、国民宿舎を出発。
_e0009437_12081952.jpg

順調に進み、丁須の頭に到着。強風に凍えながら安全のためトップロープを張り、頭の方へ登る。晴天に恵まれ絶景を拝む。(前回きた宇田、吉田は雨で視界ほぼゼロだったそう。景色に感動してた。)
_e0009437_12085711.jpg

_e0009437_13020620.jpg

一人ずつ登ったため結局1時間半ほど滞在したが、さすがは山岳部。順調に下山しほとんど計画通りの時間に国民宿舎へ帰還する。おやつの時間に吉田シェフのミネストローネを食べて道の駅へ移動し、テントを張り就寝。
_e0009437_12101173.jpg
(11月1日)
4:00に起床し、金鶏橋から登り始めるも通行止めのため鷹戻し方面へはいけず、1時間弱歩いた道を引き返す。計画を変更し妙義神社のほうから相馬岳を目指す。30mの鎖がある奥の院では、宇田くんを中心に注意を呼び掛けながら慎重に登る。
_e0009437_12110190.jpg
無事奥の院を抜け、景色に足を止めながら稜線を歩き相馬岳に到着。
_e0009437_13080819.jpg
そのあとは吉田、森あまみの歌とともに順調に下山し、車をとめてあった道の駅からすぐの温泉へ足早に向かう。おいしいお蕎麦を食べて眠くなりながらも宇田、初田の運転で20:00に無事部室到着。



今回は鎖経験のないメンバーがいたり、わたし田中も山岳部では4回目の登山であったが、宇田くんの計画や鎖場での配慮、みんなの声かけなどに大いに助けられながらみんな無事帰ってくることができた。そして田中はこのスリルと絶景をあじわい3年目にしてようやく山にはまってしまいそうである。

スポンサーリンク