日程:10/27メンバー:二年 稲垣、宇田、堀  一年 恩田、山田、笹野(記録)


9:09乾徳山登山口 10:40国師ヶ原 11:00〜11:18扇平 12:07〜12:50山頂 14:45乾徳山登山口


一年は特に久しぶりの山行であるとともに、これが最初に立てた山行計画でもある。
_e0009437_21000978.jpg
分かりやすい登山口標識に従い、沢沿いの単調な登りをやや速いスピードで歩き続けた。天気予報を確認し気温が低いことを想定していたが、ここの直登では想像以上に汗をかいた。
_e0009437_21032480.jpg
_e0009437_21035978.jpg
_e0009437_21044070.jpg
気持ちの良い草原状の開けた場所、扇平で昼食をとった。すっきりと晴れていてくれたら尚の事嬉しかったのだが、程々に休んでいよいよ山頂へと向かう。
_e0009437_21073576.jpg
高度を上げるにつれて、大きな岩が次から次へと現れる。二人の小学生も登っていたのだから心配しないで大丈夫だろう、などと油断せずに一つ一つ手掛かりと足場を探りながら登っていく。
_e0009437_21174646.jpg
_e0009437_21180687.jpeg
最後の岩壁である鳳岩を乗り越えると、ついに切望した乾徳山の頂へと辿り着いた。雲は相変わらず周囲の山々から我々を覆い隠してはいたが、たまにその姿を見せる日本の最高峰はやはり美しかった。
_e0009437_21232957.jpg
_e0009437_21245544.jpeg
山頂を心ゆくまで楽しむと、下山の支度に取り掛かる。登山口までの下りは往路と異なる道満尾根をとり、殆どノンストップで登山口まで降りきった。全体的にペースはやや速めだったようで、計画よりも早く下山することができた。
今回の登山では山の体力を取り戻し、計画の立て方を再考し、次回の山行へと役立てるという意味で充実したものを得た。引き続きレベルの底上げを図っていきたい。
スポンサーリンク