4年前、大学生になり様々な道がある中で、私は体育会サッカー部のマネージャーとして活動する道を選びました。高校でもサッカー部のマネージャーをしていて楽しかったからという理由と、どうせやるなら本気でサッカーをしている人を支えたいという思いから入部を決めました。

 最初は高校の時もサッカー部でマネージャーをしていたこともあり、大学も同じようなものだろうと考えていました。しかし、顧問の指示に従う事が主だった高校の時とは違い、自主的に活動する大学のサッカー部では、自分で考え、行動することが常に求められました。チームが勝つために今自分がやるべきことは何なのか、何ができるのか。指示してくれる人がいない場では、自分で考えなければ全く動けないのだと知りました。

 それからは毎日が試行錯誤の繰り返しで、自分なりにマネージャーの仕事に誇りを持って、部のために尽くしてきました。今まで受け身で生きてきた私にとって、自分で決めてやることの責任感に押しつぶされそうになることもありましたが、必死に努力を重ねる周囲の人々の姿に励まされ、私もがむしゃらに走ってきました。私が考えて行動したことがどれくらい部のためになっていたのかは私にはわかりませんが、私自身は部とともに成長してきたと自信を持って言えます。

 たくさんの選択肢がある中で大学生活を部活に捧げるのはとても勇気のいることだと思います。部活中心の大学生活を余儀なくされるし、嫌になったから、大変だからやめた!と簡単に言うことはできません。実際、私も大学生活の大半は部活のことを考えて過ごしたし、悩むこともたくさんありました。それでも私は、4年前の選択を後悔していません。むしろ、4年前サッカー部を選んだ自分を褒めたいです。卒業した今、大学生活をかけて必死に打ち込んできたものがあると胸を張って言えることを嬉しく思います。また、ともに部を作り上げてきた同期、先輩後輩など、ここで出会った全ての人たちは私の宝物です。

 私を成長させてくれたこの場所が、後輩たちによってさらに磨かれていくことを願っています。今までありがとうございました。

スポンサーリンク