年間訪日外国人客数は2017年で2,900万人となりました。これは2010年の3倍以上で、過去最高の水準です。

しかし、日本には上記のさらに2~3倍以上伸びる余地があるらしいです。

この本では、日本の外国人観光客数とそこから得る得る収入は実は他国に比べてとても少ない現状と外国人観光客を呼び込める要素に恵まれているわりに上手く呼び込めていない要因等が書かれています。

逆に言うと観光分野ではまだまだのびしろがたくさんあることが分かります。

これを読んで、今の日本に必要なことは何か、自分が社会に役に立つ上で何をすべきか参考にしていただければと思います。

起業を考えているけど具体的に何をしようか悩んでいる人にとってもいいヒントになるかもしれません。

*発行したのは3年以上前なので統計などは現在と異なります。

極端な意見のものもありますが、参考程度に流してください。

 

スポンサーリンク