「恵方巻き今年も作りすぎ」(平成31年2月5日朝日新聞)

・節分の行事として定着した「恵方巻き」。近年大量廃棄が問題になり今年は事前に農林水産省が注意を促していたが、結果としてあまり改善が見られなかった模様。
・本部から前年以上の恵方巻きの売上ノルマを強いられ、売れ残りを社員が自腹で買い取らされるコンビニもある。同様の事案はクリスマスケーキや土用の丑の日時のうなぎ等でも発生している。
・食べられるのに捨てられる食品ロス問題。その中で廃棄食品を豚の飼料や肥料などにリサイクルする動きもあるが、実際にリサイクルできたのは4割足らず。依然焼却処分が主流である。

pochi
焼却処理は石油等の沢山の燃料が必要で1トンにつき約4万円~5万円するんだな。この費用の半分以上は税金によって賄われてるんだな。
しかも燃やすことでCO2が大量に発生するから環境的にも良くないんだな。そこで考えられたのが上記のような食品のリサイクルなんだな。
食品廃棄物を分別・粉砕・殺菌・発酵等処理して家畜用飼料「エコフィード(eco feed)」をつくることで、
環境問題対策だけでなく、国内飼料自給率(平成29年度は約26%)の向上も期待できるんだな。

トリコネ君
いい感じに聞こえるけど、なんでまだ6割以上もリサイクルできてないにゃ?

新聞ではリサイクル拠点に運ぶコストが理由にあげられてるんだな。
ただ、個人的には残飯をリサイクルしたものを消費者が食べる家畜の餌として利用することに抵抗がある人もいるんじゃないかと思うんだな。
リサイクル工場も増えて、安全であることが浸透していけばいいんだな。

 

環境問題を考えない経営は誰も得をしないんだなぁ
~本日のお蔵入り~
「SNS映えルビーチョコ」(毎日新聞)
…自分へのご褒美にチョコを買う傾向が強まっている最近のバレンタイン。そんな中ピンクが映える新種の「ルビーチョコ」が注目されている。とのこと。
スポンサーリンク