「富裕層厚み、高額品攻勢」(平成31年2月15日日経新聞)

・三井不動産が建設中のマンション(1億超の部屋が100戸)がすぐに完売、高級輸入車の販売が5年で約7割増加する等、富裕層ビジネスが好調だ。これに伴いブランド品の値上げや新たな高額サービスを企画する動きが相次いでいる。
・要因としては、純金融資産1億円以上の世帯が2017年に126万世帯と4年間で26%増加。富裕層が全体の消費に占める割合も大きくなっていることが挙げられる。
・一方で米中貿易摩擦をきっかけとする世界経済減速懸念や、消費税増税により高額品の消費が減速に向かう可能性も大きいと予測される。

pochi
一般的に純金融資産を1億円以上保有していることが富裕層の条件と言われてるんだな。

トリコネ君
純金融資産って何にゃ?土地とかも含まれるにゃ?

個人の資産は金融資産(現金、預貯金、株、投資信託等)と実物資産(土地、建物、貴金属等)に分かれるんだな。
この金融資産から金融負債(住宅ローン等の借入金)を差し引いたのが純金融資産なんだな。

なるほろ。土地は入らないんだにゃ。
でも、富裕層はなんで増えたんだにゃ

若い起業成功者が増えていたり、弁護士等の高所得者がノウハウを生かして副業でも儲けてたり、夫婦の年収がそれぞれ700万円を超える「パワーカップル」と言われる共働き世帯が増えていたり、様々な理由があるんだな。
これらの新富裕層は単に高いものを好むというよりは、自分の価値観に合うものには出費を惜しまないというスタンスなんだな。
多様化する働き方で生まれた新富裕層。彼らを巻き込むには多様化するニーズに応えること。そしてそのニーズを応えるためにまた新たな企業やサービスが産まれるんだなぁ。
~本日のお蔵入り~
・「キリン、成長軸は健康」(日経新聞)…キリンHDは健康関連ビジネスを新たな成長事業に据える。
・「中国14億人ネット鎖国」(産経新聞)…中国は海外IT企業は厳しく規制する一方で自国IT企業の急成長を後押し。「バイドゥ」「アリババ」「テンセント」の「BAT」は急成長した
スポンサーリンク