「オフィスビル需要堅調」(平成30年11月7日日本経済新聞)

・東京、大阪を中心にオフィスビルの空室が歴史的に少なくなっている。
要因としては…
①業績が好調でオフィスの移転・拡大する企業が増えた
・人手不足から募集に少しでも有利に働くように新築などのより魅力的なビルへ移転する先が増えた。
・働き方改革の一環で休憩スペース拡充等従業員が働きやすいオフィスへの移転・増床が増えた。
*新築ビルへの移転による空室もも同じビル内の他のテナントが増床することも少なくなく問題はない様子。

②共用オフィス(様々な企業がオフィスをシェア)の増加
・今までは単独で入居できなかったベンチャー企業の入居が増加した。

等々。

pochi
電車の車窓から「こんなにビル建設してちゃんと入るかな?」と感じる人もいると思うけど、まだまだ需要がありそうなんだな。いつまで続くかは分からんけど。
スポンサーリンク