「企業価値100億円超2倍に」(平成30年12月17日日経新聞)

・企業価値が100億を超える未上場スタートアップ企業(新しいビジネスモデルで急成長を目指すベンチャー企業)47社と昨年の2.1倍増となった。
・成長が見込める若い企業に対する期待から、大企業からの資金提供が増えた(スタートアップの資金調達額は前年比6割増)が主な要因。

pochi
自社だけではイノベーションに限界がある大企業が成長見込みのあるベンチャーを取り込んで事業を拡大していこうとする流れが広がっているんだな。

トリコネ君
以前紹介されたイスラエルへの投資拡大といい、大企業も試行錯誤してんだにゃ。
ところで、企業価値ってなんだにゃん?

文字通り企業の価値なんだな、ざっくり言うと企業価値100億円の企業ならばその会社を買うのにだいたい100億円かかると思えばいいんだな。計算方法は難しいので割愛するんだな。

ちなみに企業価値100億ドル(約1,300億円)を超える未上場企業は「ユニコーン」と呼ばれて大きな成長が期待されてるんだな。ユニコーン企業は、アメリカでは約140社、中国では約80社あるのに対して日本は1社しかないんだな。ちょっと前までメルカリがいたんだけど上場しちゃったんだな。
日本少ないにゃ。ユニコーン候補には是非頑張ってほしいにゃ。

そうなんだな。以下日経新聞に載っていた未上場スタートアップ企業価値ランキングを載せるのでこれらの企業の今後に注目なんだな。
1位…プリファード・ネットワークス(深層学習による制御技術)
2位…パネイル(エネルギー管理システム)
3位…freee(クラウド会計ソフト)
4位…TBM(紙・プラスチック代替素材)
5位…スマートニュース(ニュースアプリ)
6位…Sansan(クラウド名刺管理)
7位…エリーパワー(リチウムイオン電池)
8位…FiNCテクノロジーズ(健康管理アプリ)
9位…フィナテキスト(投資関連アプリ)
10位…ビズリーチ(人材サービス)
11位…オリガミ(スマホ決済サービス)
12位…dely(レシピ動画サービス)
スポンサーリンク