「米、イラン原油制裁再開」(平成30年11月6日朝日新聞)

・アメリカは原油取引等を対象にした対イラン制裁を再発動した。
・日本を含む8つの国、地域は例外的に上記制裁は適用除外となったが、猶予期間は180日でその後どうなるかは不明である。

トリコネ君
制裁って具体的にどんなことをするんだにゃん?

各国に「イランから原油を輸入しちゃダメだよ。した国や企業は今後アメリカがその国に何かしら不利な条件をつきつけるよ」的な感じで圧力をかける感じなんだな。

そもそもなんで制裁をすることになったにゃん?

イランは2000年代から核開発の疑いがあって、アメリカを中心に「核開発やめないと経済制裁するぞ」と元々今回のような制裁を行っていたんだな。
長期にわたる経済制裁で国民生活が困窮したイランは2015年に「核開発の疑いがある施設の縮小等を条件に経済制裁を解除する」合意をオバマ政権下のアメリカを含む6ヶ国と結び、この問題は落ち着いたかに見えたんだな。
しかし、政権交代後トランプ大統領はこの合意内容に対して不満を持ったんだな(こんな条件が甘すぎる!!的な)。
そして今年5月に上記合意から離脱、再びイランへの制裁を再開したんだな。

イランの原油が輸入禁止になったらどうなるんだにゃん?

調達できる世界の原油の量が減るということは原油の価値が上がる=原油の価格が上がるんだな。
ガソリンはもちろんのこと原油が原料であるものの価格も上がるんだな。
また、日本のイランからの原油輸入は全体の5%程度だけど、全体の40%のサウジアラビアなどが原油価格を釣り上げた時に「そんなに高くするんだったらイランから調達するもんねー」といったようなことも言えなくなってしまうんだな。

なるほど。アメリカ敵に回すと怖いにゃん。

僕はどんどん質問攻めしてくる君が怖いんだな。
スポンサーリンク