「個人の事業承継 税優遇」(平成30年11月29日日経新聞)

・親から事業等を引き継ぐ際に相続税等税負担が重くて廃業する個人事業主が増えている。
・そこで、家族経営しているような個人事業主を子ども等が引き継ぐときに発生する土地等の贈与税や相続税の支払いを猶予する税制改革を検討している。

トリコネ君
なんで相続税等を払えないんだにゃん?

pochi
例えばある人が亡くなったとするんだな。
そうなると妻(夫)や子ども達がお金や土地、家等を相続するよね。
もちろん相続するものには相続税を支払わなければならないんだな。
ただ、相続するものの大半が不動産であれば不動産分の相続税を払わなければいけない手元にお金がないから税金を払えないという問題が発生するんだな。
これが個人事業主であれば、工場等の不動産、機械や商品等すぐに現金化できない資産を相続するので更に多くの相続税が発生するんだな。
それなら前もって後継者譲っておけばいいにゃん。

その場合は相続税ではなく贈与税がかかってしまうんだな。
こうしてお金がない事業主は税金を納めるために引き継いだ不動産や機械などを売却してお金を調達せざるを得ない結果となるんだな。
これが上記で述べられている廃業なんだな。
この支払いが猶予されれば引き継いだ事業の売り上げで税金を納めていけばいいから廃業を免れるという考えなんだな。まぁ上手くいくかは別として。

なるほどにゃん。
ところで、画像見ると個人事業主の後ろで落ち込んでる人達がいるけどなんでにゃん?

これの意味が分かるのはもっと先になるんだな。
たまには伏線をはるんだな。

回収できるかただただ心配だにゃん。
スポンサーリンク