「万博五輪後も需要喚起」(平成30年11月27日読売新聞)

・2025年国際博覧会(万博)の大阪開催が決まった。
・かつて高度経済成長期の1964年に東京オリンピック、1970年に大阪万博が開かれており、2020年の五輪後も経済成長維持が期待されている。(経済効果{波及効果})は2兆円規模)
・上記の効果もあり、鉄道や建設関連会社の株価が上昇している。

トリコネ君
そもそも経済効果ってなんにゃ?

pochi
経済効果は簡単にいうと「そのイベントにより発生した国内企業の総売上」なんだな。直接効果と波及効果があるけど以下は波及効果だけ説明するんだな。あえて。
万博は「約半年かけて行われる複数の国により行われる博覧会」だから大規模な会場の建設が必要になるんだな。
そうなると当たり前だけど建設に必要な材料である鉄鋼や木材関連の会社に売上が発生するんだな。
その他、万博の観光客の交通費は鉄道会社の売上になるし、飲食費は飲食店・食品会社の売上になるんだな。まぁ例をあげたらきりがないんだな。
それらの総計が経済効果○○円と言われるんだな。あくまでも予測統計なんだな。

ちなみに、2002年に日本で行われたサッカーW杯の経済効果が2兆円なんだな。つまり万博もそれと同等の経済効果が来た出来るんだな。
スポンサーリンク