【経済ニュース⑥】高齢化の新たな弊害

「単身高齢者1割を突破」(平成30年11月26日日​経新聞)

・65歳以上の単身者は2000年と比較して9割増え、一般世帯に占める割合は11.1%に達した。
・単身高齢者は同居人がいる場合より2倍も要介護状態になりやすい。かつ、生活保護の対象にもなりやすい。
・上記より、介護保険料や生活保護費が増え、国は更なる負担を強いられることが予想される。

pochi
最近高齢者向けのルームシェア等が生まれているようだけど、まだまだ問題の解決には至らないんだな。
逆にまだビジネスの余地があるんだな。
スポンサーリンク