【生活ニュース④】児童相談所の悲鳴

「児童虐待通告14年連続増」(平成31年2月8日毎日新聞)

・昨年親の虐待で警察から児童相談所に通告された18歳未満の子どもの数は8万104人と過去最多を記録した。
・昨今児童相談所の対応の不手際や連携不足の問題が浮上しているが、一連の背景には警察からの通告件数や相談対応件数が増え続け負担が増している現状がうかがえる。

pochi
児童相談所で保護者のの相談・指導を担う児童福祉司が足りないんだな。
しかも、5~10年の経験を積んで一人前といわれる中、勤務年数5年未満の職員が全体の6割強を占めているんだな。
この業界でも人材不足が問題視されているわけなんだな。

トリコネ君
児童福祉司ってどうやったらなれるにゃ?

地方公務員試験に合格して且つ一定の条件を満たしてる必要があるんだな。

一定の条件?

色々あるけど例をあげると以下のような感じなんだな。
これらのうちいずれか1つを満たしてればいいんだな。
・社会福祉士の資格を保有している。
・大学で心理学、教育学、社会学いずれかの過程を終了し、福祉施設で1年以上の相談援助業務に携わる。
・児童福祉施設で2年以上相談援助業務に携わる。

そんな簡単になれなそうだにゃ。

それだけ質が求められるしごとなんだな。きっと。
政府は児童福祉司を増やす方針らしいけど、質の向上には時間を要しそうなんだな。
児童相談所だけに頼るのは限界がありそうなんだな。
児童虐待関連の問題の解決に取り組む民間企業が現れてくれることを願うんだな。
 何事も根本の原因を究明する必要があるんだなぁ。
スポンサーリンク