【企業ニュース⑦】フランチャイズの闇

「24時間譲れぬセブン」

・人手不足や人件費の上昇によってフランチャイズチェーン(FC)加盟店から営業時間の短縮を訴える声が広がっている。
・セブンイレブンジャパンは一部店舗で時短営業の実験を始める方針だが、24時間営業の原則を変えるつもりはない旨を明言している。

(平成31年3月7日日経新聞より)

トリコネ君
フランチャイズって良く聞くけどあんまり理解できてないにゃん。

pochi
例をあげるんだな。
株式会社ポチがセブンイレブン(本部)とフランチャイズ契約を結ぶとフランチャイズチェーン加盟店(以下FC)となり、セブンイレブンの看板を使ってセブンの商品・サービスを販売できる権利が与えられるんだな。その代わりに対価としてセブンイレブン本社(以下本部)にお金を払う(ロイヤリティー)んだな。
株式会社ポチは未経験でも人員と場所(本部が提供してくれるケースもある)さえあればブランド力のある店舗を経営できるし、本部側は定期的に株式会社ポチからロイヤリティー収入が入るメリットがあるんだな。

にゃるほど。僕がいつも行ってるコンビニも実はセブンイレブンが運営しているコンビニではなくて、違う会社がセブンイレブンの名前を使って運営している可能性があるってことだにゃ。

セブンイレブン全店のうちフランチャイズチェーンは約98%らしいんだな。
フランチャイズをやってる会社は居酒屋や学習塾など様々な業種があるんだな。
ちなみにロイヤリティーは起業によってそれぞれ違って固定だったり売上や利益連動型だったりするんだな。
セブンイレブンは売上から商品仕入額を差し引いた「粗利益」のうち4割~7割(契約により異なる)をロイヤリティーとしてFCから徴収するらしいんだな。

セブン本部としてはFCの売上が増えれば増えるほど徴収するロイヤリティーが増えるってことにゃ。
つまり営業時間が長ければ長いほどロイヤリティー収入が増えるから24時間営業をやめたくないわけにゃな!

そういうことなんだな。
ただ、FC側からすると粗利益からロイヤリティーを差し引かれた上にさらに人件費や光熱費などを差し引かれるわけだから、粗利益の増加分以上に人件費や経費が増えて最終利益が下がり苦しむオーナーが増えてるんだな。

そのロイヤリティーの考え方は問題ありだにゃ。

会社名は言えないけど、FCが儲かっているところがあったらその近くに本部の直営店を出して自分達の取り分を増やしにかかる企業や、自社のロゴが変わったことによりFCの自己負担で看板の取り換えを強要する企業もあるらしいんだな。
フランチャイズでの経営をする際はどの会社と契約するか慎重に考える必要があるんだな。
南大沢付近のお店でいうと牛角やポムの樹、上島珈琲、大戸屋、マクドナルドなんかもFC展開してるんだなぁ
~本日のお蔵入り~
「当日宅配の競争再燃」(日経新聞)
「DNA、マリオリベンジ」(日経新聞)
「KDDI、ドローン商用化」(産経新聞)
スポンサーリンク