【生活ニュース⑦】ゲノム編集食品って何?

「ゲノム編集食品、夏にも食卓へ」

・遺伝子を効率よく改変できるゲノム編集技術を使った食品が今夏以降食卓に上る可能性がでてきた。
・現在、ゲノム編集技術による「血圧抑制を抑えるトマト」「毒性分のないジャガイモ」「肉厚なマダイ」等の開発が進んでおり、食糧の安定供給や品質向上が期待されている。

(平成31年3月19日読売新聞より)

トリコネ君
遺伝子を改変するっていうと真っ先に遺伝子組み換え技術が思い浮かんだにゃ。
何が違うんだにゃ?

pochi
遺伝子組み換え技術は微生物などの別の生物の遺伝子を組み込むことで害虫や農薬に強い品種をつくるものなんだな。
他の生物の遺伝子が入るから安全性に対する不安があるんだな。
一方、ゲノム編集は遺伝子の一部を切断して突然変異を起こさせるんだな。

トリコネ君
遺伝子を切断……?

pochi
上記の肉厚なマダイを例にするんだな。
マダイには筋肉の発達を抑える働きがある遺伝子があるんだな。その遺伝子を壊すことで筋肉をより発達させ肉厚にするんだな。このように都合の悪い遺伝子を効率よく作り変えるんだな。
今回政府はゲノム編集が生態系に大きな影響はないとして規制から外す、かつ約40億円程かかるといわれる安全性試験も不要とすることを決めたんだな。
これによって大手だけでなくベンチャー企業のゲノム編集食品の開発参入が期待できるんだな。

トリコネ君
なるほど、人間にアレルギーの遺伝子みたいなデメリットな遺伝子があるように食品にもあるんだにゃ。
ネットでゲノム編集食品を調べてみたら、ウイルス感染しにくい豚やアレルギー物質の少ない卵を産む鶏などが出てきたんだにゃ。
今後のゲノム編集食品の開発に期待だにゃ。
つまり、消費者にメリットの大きい品種が短期間に開発できる。それがゲノム編集食品なんだなぁ
スポンサーリンク